POINT1  少人数指導

日本語学校は、国籍も違えば文化や考え方もそれぞれ異なる学生が入学します。そこで習志野外語学院では、個々の学生の“やりたいこと”を実現するため、少人数のクラス編成を実施しています。
経験豊富な教員が大学院・大学・専門学校進学までしっかり指導し、学生一人ひとりが目標を確実に達成できるように導きます。

POINT2  きめ細かな学生サポート

学生たちには、日本で生活していく中で心配なことや不安なことがたくさんあります。
習志野外語学院では生活指導・サポートの一環として、新入生に日記を提出してもらっています。日記のやり取りをとおして、心の不安や心配、小さなつまづきを解消し、日々の新たな体験の共有をはかっています。
また、留学生保険に全員加入するので、病院の診察や薬の処方などが無料で受けられます。さらに定期健康診断も実施して、学生の健康管理に努めています。

POINT3  住みやすい学生街   

習志野外語学院の周囲には大学や高校がいくつもあります。そのため、近隣の商店には学生が生活するために必要なものが充実しており、物価も安いです。また、大学祭や商店街の祭り、神社の祭りなど、年間を通して地域ぐるみの行事が実施されています。

POINT4  学内イベントも豊富

習志野外語学院では、学生全員で宿泊をともなう研修旅行を毎年実施しています。日本の文化を体験できるだけでなく、バスの中で歌を歌ったり、友達と楽しい会話に夢中になったり、とても有意義な時間を過ごせます。
その他にも季節ごとに楽しいイベントが盛りだくさん。初詣・節分・お花見・花火大会・夏祭り・七夕・お好み焼きパーティー・クリスマスパーティーなど、とにかくたくさんのイベントが用意されています。これらのイベントでは日本人とも交流できますので、積極的に参加してください。

POINT5   自立生活を手助けします

学生が自立して生活するためには、“実際に自分でやってみる”ことが最も大切です。
そのため、学生が苦手とする市・区役所での各種手続きなども、初回は教職員が役所に同行するものの、2回目からは自分ひとりでできるようにしています。
教職員のサポートを受けながら、学生たちは習志野外語学院を卒業するまでに何事においても自分でできる力をもてるようになります。