読売新聞掲載

今年卒業した学生(ネパール人留学生 チェリン)が、学院在学中に書いた文章が読売新聞(2019年4月14日)に掲載されました。「働き過ぎる日本人」「人生の幸せとは」留学生の視点からよくかけています。

2019年4月15日

スピーチコンテスト

3月17日に立正大学で行われたスピーチ大会に習志野外語学院の学生が参加しました。書類審査から本審査になんと二人も選ばれました。そして結果は準優勝!!二人ともとってもがんばりました。5分程度の原稿も暗記し、とてもすばらしいスピーチをしました。すばらしいです!!おめでとう☆☆
内容はpurkuti bimala が「日本の優れた技術と住みやすさ」日本の高い技術は日本人のルールを守る国民性があってこそだという主張。 lama sabinaは「日本の文化と習慣」、日本人の相手を思いやるしぐさや励ます習慣の素晴らしさをスピーチしました。

2019年3月18日

無事に卒業発表会&卒業式が終わりました

3月7日に卒業式、卒業発表会が行われました。卒業式は一人ずつ証書をいただき、2年皆勤、1年皆勤と名前が呼ばれ、表彰されました。卒業発表会では「日本語劇」、「日本へ来た時と今の成長をビデオビデオ作成、上映」「ラジオ体操の説明、実演」とどのクラスもとてもすばらしく、笑いあり、涙ありの卒業発表会でした。→詳しくは習志野外語学院FBへ

2019年3月13日

年末年始のお知らせ

2018年12月29日~2019年1月6日までお休みをいただいております。よろしくお願いいたします。

2018年12月17日